婚活イベントでの女側の思い違いには要注意 - 男心をがっちりつかむ50の裏技!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

婚活イベントでの女側の思い違いには要注意

この間、人生初の婚活イベントに参加してきたアイリンユーです!


私が今回参加したのは、植物を使ってリース作りをするという、一風変わった
要素を盛り込んだ婚活イベント。


婚活によくある3分間トークにプラスアルファの内容でした。


こうしたイベントに腰が重い私も、「植物が好きなオシャレ男子が集まるのでは」
「共通の趣味があればカップリング率も高いはず」と期待して、いざ当日!!




結果から先に書くと、この婚活イベントのマッチング率はなんと0組。


男女合わせて10対10の計20人、せめて1組くらいはマッチングしても
よさそうなものなのに……。


一体どうしてこんな結果に。



それは女性側の思惑と、男性側の思惑がばっちりすれ違ってしまったから
だと思うのです。


このイベントの一部始終を美容師さんに話したところ、思わぬ答えを
もらって、気づいたんです。


自分と同じ植物や花が好きな男性が集まると思ったのにー!!と、
ハンカチを噛む私に彼女はこう言いました。



美容師「自分が植物を好きなんじゃなくって“フラワーアレンジメントを好きな
女性が好き”な男性が集まったからでしょ」


私「うっそ!だって自分が興味あることだから、そのイベントに参加したん
じゃないの!?」


美「共通の趣味があれば別の場所で出会いがあるはず。婚活のイベントに
わざわざ出てくるってのは、出会い自体がない人、それか自分から女性に
声をかけるのが苦手な人なんじゃない?」


私「(膝から崩れ落ちる)」



女性側はフラワーアレンジメントが趣味だったり、花や植物が好きだったりと
イベントの趣旨に共感した方が全員でした。


だから自分と同じように植物が好きな人が来ていると思うのは、当然だといえば当然。


でも男性側が自分と同じ目的で来ていると思ったら大間違い!!


植物が身近にある人は皆無でした。趣味もドライブや将棋などなど見事にバラバラで、
どうして来ようと思ったのか気になってたんですよね……。


そういうことだったかと納得したのであります。
(でもご本人たちの本当のところはわかりませんよ?)


相手の気持ちになって考えろとはよく言いますが、婚活イベントにも言えること
だったようです。


さらに言えば、相手の視点から自分を見てみる、かな。



今回の学習を踏まえ、次のイベントに活かす!のであります!!


関連記事
メルマガ:こっそり語る男の本音、モテる乙女のお作法講座の登録はこちらからどうぞ。
登録 解除
*メールアドレス
*お名前(ハンドルネーム可)

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://coolcool.blog.fc2.com/tb.php/927-6cce7f34

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。